ビハキュアでシミを消すコツを大公開!悩んでいる人必見です!

未分類

20代後半から、止まることなく衰えていく肌。
少しでも衰えを食い止めようと、さまざまなスキンケアや美容液を試した人も少なくないはず。

私もその1人でした。
でも私はある日【ビハキュア】に出会ったんです。

ビハキュアは運命の出会いでした。
39歳になり、衰えを止められない肌にストップをかけてくれたのが、まさにビハキュアでした。

何をどうすれば肌がキレイになるのかがわからなかった・・・。
そんな私を救ってくれたビハキュア。

今では20代の頃のような肌のハリを取り戻し、シミやそばかす、たるみ、くすみ、全てを解消。
いつものスキンケアにビハキュアをプラスしただけで、ここまでの美肌を手に入れました。

ただしビハキュアは正しく使わないと、効果が半減してしまうそうなんです。
ビハキュアのレビューを見ても「効果を感じない」と不満を感じでいる人も少数いました。

ですが、そういう人はみんな使い方を間違っているだけなんです。
なのでこの記事ではビハキュアの正しい使い方や効果を高めるコツを紹介しようと思います。

これからビハキュアを使おうと考えている人も、すでにビハキュアを愛用している人も、ぜひ参考にしてくださいね。

まずはビハキュアの正しい使い方を紹介します

ビハキュアは必ずスキンケアの最後に使いましょう。
またオールインワンではないので、必ず化粧水や乳液とあわせて使ってくださいね。

また顔以外にも首やデコルテ、さらにはくすみは気になるヒジやヒザに使っている人もいるんですよ。
ボディーでも美白効果はきちんと発揮するので、顔以外に使うのもオススメです。

では次はビハキュアの効果を高めるコツをいくつか紹介しますね。

ビハキュアを多めに塗ってパックする

ビハキュアを多めに塗ってパックする

まず1つ目は、気になるシミなどにパックの要領で多めにビハキュアを塗って10分以上置きます。
時間が経った後は肌に優しく馴染ませてください。

気になる箇所により成分を浸透させる方法なのですが、これを試すようになってから効果が高まったように思います。

顔全体をパックできれば1番いいのですが、顔全体だとあっという間にビハキュアが無くなってしまうため、
気になる箇所にだけ多めに塗るのを試してみてくださいね。

すぐにシミが消えることはありませんが、1週間ほど試していると徐々に効果を実感できると思います。
焦りは禁物ですよ、美肌への近道はありませんので地道にコツコツ続けていきましょう。

定期的にフェイスパックを使う

定期的にフェイスパックを使う

ビハキュアの効果を高めるのに欠かせないのは、なんといっても【保湿】です。
保湿をしっかり行うことでビハキュアの美肌成分が肌に浸透しやすくなるんです。

理由は肌が柔らかくなることで毛穴が開き、肌の奥まで成分が浸透するからです。
ビハキュアは肌を引き締める効果もあるため、保湿で開いた毛穴もしっかり閉じてくれるので安心です。

そして保湿の非常に効果的なのがフェイスパックです。
安いものでもいいので、定期的に使うことが大事です。

今では朝に使うパックなど、手軽に使えるものも増えていますよ。
あとはコスパがいいものや、ジェルのようなプルプルのパックまで。

自分の気に入ったパック、肌に合ったパックを何でも良いので使って下さい。
ビハキュアはパックのあとに塗ってくださいね。

クレンジングをしっかりする

クレンジングをしっかりする

ビハキュアを肌に浸透させたくても、毛穴に化粧汚れや油が詰まっていては、成分が上手く浸透しません。
なのでクレンジングで化粧や汚れをしっかり落とすようにしましょう。

とはいえ、肌をゴシゴシこすりすぎるのも肌にダメージを与えることになるので良くないです。
優しくこすり、短時間でクレンジングを済ませるようにしましょう。

またピーリングやスクラブは頻繁に行うと逆に肌が弱ってしまいます。
なのであまりオススメはしません。

肌を労ることを考えると、ポイントリムーバーで目や眉、唇の化粧を落としておき、
ミルククレンジングなどの肌に優しいもので顔全体をクレンジングして、洗顔を行って終了。というのが理想です。

ポイントリムーバーを使えばウォータープルーフのメイクもするっと落ちてくれますからね。

クレンジングのあとは拭き取り化粧水で優しく肌をこすると、メイクの洗い残しもしっかり取れますよ。

まとめ

ビハキュアで美肌効果を高めるコツをいくつか紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
どれも簡単にすぐに実践できるものばかりだと思います。

全て私も実際に行っていることなので、本当にオススメの方法です。
皆さんもビハキュアで肌の悩みを全て解決してみてくださいね。

コメント